おせち通販人気ランキング

おせちの由来

おせちとは、中国大陸から伝わった暦上の節目、季節の変わり目などにあたる節日(せちにち、節句)のことを言います。
節日には祝事を行い、祝い膳がしつらえられ、このとき作られるめでたい料理が、「御節料理」と呼ばれました。

 

 

平安時代になると、宮中では陰暦正月7日の人日、3月3日の上日(桃の節句)、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕、9月9日の重陽の節句の五節供は、邪気払いなどの宴の行事になります。

 

「節会」と呼ばれ、神様に祝膳を供えたのが「お節供(おせちく)料理」です。宮中行事だった節供も、江戸時代には庶民に広まるようになります。このころから、全国的におせち料理の風習が定着するようになったのです。

 

このように、昔は節句に食べるお供物すべてが「おせち料理」と呼ばれていたわけですが、生活の変化に伴い「節供」は「節句」と表記されるようになり、神前へのお供えの習慣もなくなりました。現在では、年の初めのご馳走であるお正月料理だけが「おせち」と呼ばれるようになったのです。

 

 

 

 

※ おせちの由来 : 関連コラム

 

 

おせち料理の言われ
様々なおせち料理には意味が込められており、その言われをを説明しています。
おせちの予約タイミング
おせちの予約はどのタイミングで行うのがベストなのかについて述べています。